アスミールはヨーグルトで飲んでみた

成長期サポート飲料として人気が高いアスミール

 

【牛乳嫌い】アスミールはヨーグルトで飲んでも美味しい?

 

 

基本的にアスミールは牛乳で飲むことが一般的ですが、

 

牛乳嫌いなお子さんだと、たとえ味のついた牛乳でも苦手な子はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

「牛乳は嫌いだけど、ヨーグルトは好き!」というお子さんはかなり多いです。

 

 

こちらのページでは、アスミールをヨーグルトで飲んでみたレビュー記事となってます。

 

牛乳嫌いのお子さんをお持ちの方は是非ご参考にどうぞ^^

 

 

アスミールをヨーグルトで飲むとどう?

 

↓アスミールをヨーグルトに混ぜるとこんな感じです↓

 

【牛乳嫌い】アスミールはヨーグルトで飲んでも美味しい?

 

 

 

アスミールを買ったときに付いてきたスプーン2杯分を入れました。

 

【牛乳嫌い】アスミールはヨーグルトで飲んでも美味しい?

 

 

 

味はココアヨーグルトでとても美味しく、牛乳嫌いな息子でも大丈夫でした^^

 

 

私の息子は、”牛乳嫌いでヨーグルト好き”という不思議な子なんですよね(笑)

 

 

なので、牛乳単体ではもちろん飲めないし、アスミールを混ぜてもちょっと無理でした。

 

 

息子は、「もうちょっとココアの甘みがあったら飲める」と言ってました・・・

 

アスミールは、甘味料等が一切含まれていません。
安全性は高いですが、甘さには欠けてしまいます。。

 

欠けるといってもスッキリとした甘みは十分にあるので、甘ったるさが無い感じです^^

 

【牛乳嫌い】アスミールはヨーグルトで飲んでも美味しい?

 

 

 

アスミールをヨーグルトに入れる事で、甘みのあるココアヨーグルトになるので格段に飲みやすくなりますよ。

 

 

 

アスミールをヨーグルトで飲んだら効果半減!?

 

【牛乳嫌い】アスミールはヨーグルトで飲んでも美味しい?

 

「アスミールってヨーグルトに混ぜても効果は下がらないの?」

 

もしこのように思っていても大丈夫です。

 

 

ヨーグルトと牛乳の違いは味や形状だけではありません。

 

以下は、牛乳とヨーグルトの違いを簡単に比較したグラフになります。

 

ヨーグルト 牛乳
カルシウムの量 100gあたり120mg 100gあたり110mg
アミノ酸の量 100gあたり3700mg 100gあたり3300mg

乳糖の量
(乳糖とは、牛乳などから摂れる動物性の糖分の事)

100gあたり2.9g 100gあたり4.4g
体内への吸収率

牛乳より高い
(吸収を邪魔する乳糖が少ないから)

ヨーグルトより低い

 

 

このように、実は牛乳よりもヨーグルトの方が体へのメリットは多いんです(´・ω・`)

 

 

ヨーグルトは、牛乳に比べてお腹も下しにくいので安心もできます。

 

 

結論!!

 

アスミールはヨーグルトで飲むことにより、牛乳嫌いのお子さんでも飲めるようになります。

 

 

ヨーグルト自体、牛乳よりも体へのメリットが多いので
効果が上がるというより、一番大事な継続がしやすくなります。
(こういった健康飲料は、継続ありきの効果なので)

 

 

【牛乳嫌い】アスミールはヨーグルトで飲んでも美味しい?

 

 

とはいえ、
「アスミールはココア味なら牛乳嫌いでも飲める!」
という口コミが多数見られます。

 

 

まだアスミールを牛乳で飲んだことがない方は、一度牛乳で試してみるのも良いと思います^^

 

もしそれで、苦手だったらヨーグルトで試してみるといいでしょう。

 

 

↓アスミールのレビュー記事はコチラ↓
アスミールの効果|実体験など全てを知れます。