アスミールの添加物について書いています。

 

アスミールの成分に食品添加物が含まれていないか気になるママさんは多いのではないでしょうか。

 

【危険!?】アスミールの添加物について・・・

 

 

アスミールは”成長サポート飲料”と言われていますが、

 

有害な食品添加物が含まれていたらサポートどころか、成長を阻害しますよね(笑)

 

そこで、こちらのページでは

 

:アスミールに食品添加物は含まれるのか
:食品添加物の危険性
これらについて書いてます。

 

以下を見ていただくことで、アスミールの危険性がハッキリと理解できます。

 

 

 

アスミールの成分には危険な食品添加物が含まれてる??

 

※食品添加物とは※

 

食品に対して
保存性を上げたり(保存料)
味をつけたり(調味料)
色実をつけたり(着色料)
甘みをつけたり(甘味料)

 

など、色々な目的で食品を加工するための成分の事です。

 

 

それでは、まずアスミールに含まれる成分を見てみましょう。

 

【危険!?】アスミールの添加物について・・・
(↓見やすい表記はコチラ↓)

 

【グラニュー糖】・【ココアパウダー】・【ドロマイト】・【乳糖果糖オリゴ糖】・【植物性ミネラル(ごま由来)】・【亜鉛含有酵母】・【カゼインカルシウムペプチド】・【粉末状大豆たん白】・【煮干しパウダー】・【コラーゲンペプチド】・【黒酢エキスパウダー】・【精製ナットウ菌培養物】・【メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー】・【DHA含有精製魚油粉末】・【魚骨焼成カルシウム】・【ビタミンC】・【ピロリン酸第二鉄】・【ビタミンE】・【ナイアシン】・【香料】・【パントテン酸カルシウム】・【ビタミンB6】・【ビタミンB2】・【ビタミンB1】・【ビタミンA】・【葉酸】・【L-アルギニン】・【ビタミンD】・【ビタミンB12】
(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

 

 

※イチゴミルク味の場合、ココアパウダー⇒ストロベリーパウダーとクリーミングパウダー(害のないミルク風味の成分)に変わります※

 

 

この中で、食品添加物は

香料
パントテン酸カルシウム
ナイアシン
ピロリン酸第二鉄
葉酸

 

これら5つの成分が食品添加物です。

 

 

香料は名の通り、香りをつけるために使用されます。

 

残りの4つの添加物は、栄養強化剤として使用されます。

 

(栄養強化剤とは、栄養成分の効果を高めるために使用されます)

 

 

 

と、ここで

 

アスミールって添加物入ってたの!?
と思った方もいるかもしれません。

 

 

それもそのはずです。

 

アスミールの公式サイトには、
・合成保存料
・合成着色料
・合成甘味料
これらが”一切不使用”って書いてますもんね。

 

【危険!?】アスミールの添加物について・・・

 

 

 

 

しかし、添加物不使用とは書いていません。

 

 

添加物の危険性

 

食品添加物の事を、”危険”と思い込んでいませんか??

 

 

確かに危険な食品添加物もありますが、アスミールに含まれる食品添加物は厚生労働省から安全と認められたものしか使っていないんです^^

 

 

↓安全性が認められている食品添加物リストはコチラ↓
安全性が認められている食品添加物

 

天然の食品添加物

 

 

【危険!?】アスミールの添加物について・・・

 

 

 

アスミールに含まれている食品添加物は、国から認められているものなので安全性は極めて高いです。

 

 

一般的に危険と言われている
・合成保存料
・合成着色料
・合成甘味料
に関しては、アスミールの場合一切使われていません。

 

 

なので安全性に関しては申し分ないでしょう^^

 

 

アスミールの効果|衝撃の実体験レビューはコチラ