アスミールが溶けにくい時の確実な2つの対処法について書いてます。

お子さんの貴重な成長期をサポートする効果が期待できるアスミール。

 

アスミールが溶けにくい!そんな時に【超確実】な2つの溶かし方!

 

 

そんなアスミールは”溶けにくい”と言われています。

 

 

粉がダマで残った飲み物を好む人なんていませんよね。。。

 

 

しかし、アスミールが溶けにくい!という問題をアッサリ解消してくれる確実な方法が2つあることを知ってましたか??

 

こちらのページでは、我が家で実践中のアスミールが溶けにくい時の確実な2つの対処法について書いてます。

 

以下を見ていただくことで、アスミールを完全に溶かすことができるので美味しく飲めるようになります。

 

 

溶けにくいアスミールの対処法その1

 

1:まず、シェイカーにアスミールの粉を規定量入れます。
【規定量は付属のスプーン2杯(6グラム)です】

 

アスミールが溶けにくい!そんな時に【超確実】な2つの溶かし方!

 

 

2:そしたら次に牛乳を2〜3cmほど入れてレンジで30秒くらいチンします。

 

アスミールが溶けにくい!そんな時に【超確実】な2つの溶かし方!

 

 

 

レンジから取り出したら思いっきりシェイク!!

 

 

そうすると、あっという間に溶けます^^

 

 

牛乳は常温がオススメです。

 

常温くらいが粉が最も溶けやすい温度なので^^

 

 

 

3:最後に冷たい牛乳を入れれば完成です^^

 

アスミールが溶けにくい!そんな時に【超確実】な2つの溶かし方!

 

 

ホットで飲みたい場合は、溶けにくい心配はありません。

 

コップにアスミールの粉を入れ、温かい牛乳をかけてスプーンで混ぜればOKです。

 

アスミールが溶けにくい!そんな時に【超確実】な2つの溶かし方!

 

 

溶けにくいアスミールの対処法その2

 

※こっちの方が楽です※

 

1:シェイカーにアスミールの粉を規定量入れます。
【規定量は付属のスプーン2杯(6グラム)です】

 

アスミールが溶けにくい!そんな時に【超確実】な2つの溶かし方!

 

 

2:牛乳を100mlを入れて軽くシェイク!
その後にレンジで1分ほどチンします。

 

アスミールが溶けにくい!そんな時に【超確実】な2つの溶かし方!

 

 

3:チンしたらトドメのシェイク!!

 

ホットの場合はこれで完成です。

 

アイスで飲みたい場合は、最後にを入れて混ぜればOKです♪

 

シェイカーは、アスミールの公式サイトで定期購入をすると無料で貰えます。

 

もしくは、市販のシェイカーを数百円で買いましょう。

 

 

シェイカーはコップよりも

 

・蓋があるからシェイクできる
・粉に空気が多く触れるので溶けやすい

 

といったメリットがあるので、シェイカーを使う事を薦めます。

 

 

【重要】アスミールが溶けにくい理由

 

アスミールが溶けにくい!そんな時に【超確実】な2つの溶かし方!

 

 

アスミールが溶けにくいのには、ちゃんとした理由があるのをご存知でしたか??

 

 

アスミールが溶けにくい理由、それはアスミールに乳化剤が含まれていないからなんですね。

 

乳化剤とは、水と油のように混ざらないものを無理やり混ぜる食品添加物です。

 

少し有害です。

 

 

乳化剤は、自販機に売ってるココア・ドレッシング・コンビニ飲料など、多くの商品に使われています。

 

 

アスミールは、離乳食が終わった時点で飲み始める事が出来ます。

 

子供のデリケートな体のために、乳化剤を使用していない分、溶けにくいんですね。。

 

 

しかし溶けにくい分、安全性は極めて高いです!!

 

 

赤ちゃんが飲む粉ミルクもアスミールと同じです。
メーカーによって溶けにくいのもありますよね。
その理由は乳化剤が含まれていない、もしくは少量しか含まれていないからなんです。

 

 

アスミールが溶けにくい!のまとめ

 

アスミールが溶けにくい!そんな時に【超確実】な2つの溶かし方!

 

 

以上が、我が家で実践してるアスミールの溶かし方です。

 

 

当サイトで紹介した方法だと、アスミールが完全に溶けてくれますよ♪

 

 

アスミールを飲み始めて1年半たちますが、

 

この溶かし方のおかげで嫌がらずに飲んでくれてます^^

 

ぜひご参考にどうぞ。

 

アスミールの効果|衝撃の実体験レビューはコチラ