アスミールと成長ホルモンの関係性について

お子さんの成長期サポート飲料であるアスミール

 

【え!?】アスミールは成長ホルモンの分泌を妨げる!?

 

 

そんなアスミールは成長ホルモンの分泌を促進させるとも言われています。

 

 

でもそれって本当なの!?

 

と思ったりもしますよね。

 

 

こちらのページでは、
アスミールと成長ホルモンの関係性について触れています。

 

以下をご覧いただくと、アスミールが成長にどれほど効果的なのかがわかるようになります。

 

 

アスミールは本当に成長ホルモンの分泌を促進させるの?

 

【え!?】アスミールは成長ホルモンの分泌を妨げる!?

 

 

※まず初めに成長ホルモンとは?※

 

成長ホルモンはその文字からしても分かるように、“背を伸ばすホルモン”として知れ渡っています。

 

 

子供の骨を伸ばしたり、筋肉を発達させたり、様々な面で成長させる大切なホルモンです^^

 

成長ホルモンの分泌が多ければ多いほど、身長が伸びやすく、筋肉も発達しやすいです。

 

 

アスミールには

 

アルギニン
亜鉛
プラセンタ

 

この3つの成分が成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあるそうです。

 

【え!?】アスミールは成長ホルモンの分泌を妨げる!?

 

 

 

 

と、ここまでが
アスミールと成長ホルモンについて他のサイトにも書かれている内容ですが、

 

 

 

ここからは他のサイトで書かれていない内容も記載します。

 

 

 

成長ホルモンの分泌を促進させてくれるのは、”アミノ酸”という成分なんですが、

 

実は上記3つの成分はアミノ酸と深い関係性があることをご存知でしたか??

 

 

以下では、
アルギニン・亜鉛・プラセンタとアミノ酸の関係性について簡潔に解説しています。

 

アスミールに含まれるアルギニンとアミノ酸の関係性

 

【え!?】アスミールは成長ホルモンの分泌を妨げる!?

 

 

アルギニンというのはアミノ酸の一種です。

 

アルギニンは、成長ホルモンが作られるのを促進させるので

 

脂肪の代謝を手助けして筋肉を強くしたり、身長を伸ばす効果が期待できます。

 

 

乳幼児や成長期のお子さんは体力消耗が激しいので、アルギニンが十分に作られません。

 

 

 

アスミールに含まれる亜鉛とアミノ酸の関係性

 

【え!?】アスミールは成長ホルモンの分泌を妨げる!?

 

 

亜鉛はアミノ酸と直接関係があるわけではありませんが、”サポート役”として重要な役割があります。

 

 

 

体づくりには”タンパク質”が超必須ですよね。

 

 

亜鉛はズバリ!

 

タンパク質をアミノ酸に分解するのをサポートする効果があります^^

 

 

このタンパク質は、食後にそのまま体内に吸収されるわけではありません。

 

タンパク質を分解して、細かいアミノ酸にする必要があるのです。

 

 

 

アスミールに含まれるプラセンタとアミノ酸の関係性

 

【え!?】アスミールは成長ホルモンの分泌を妨げる!?

 

プラセンタとは、胎盤の事です。
母体と胎児をつないでいます。

 

アスミールに使われているプラセンタは植物性のメロンプラセンタなので、胎盤ではなく胎座と言われます。

 

 

このプラセンタには、アミノ酸が物凄く含まれているんですよ^^

 

 

植物性のプラセンタは、動物性よりも安全性が高く、アミノ酸の吸収量が高いです。

 

 

 

アスミールと成長ホルモンについてのまとめ

 

【え!?】アスミールは成長ホルモンの分泌を妨げる!?

 

 

アスミールに含まれる
・アルギニン
・亜鉛
・プラセンタ(植物性)

 

これらは、アミノ酸を豊富に含んでいる
もしくはアミノ酸が吸収されやすいようにサポートされている成分です^^

 

 

「身長を伸ばしたい!」
「もっとたくましい体になってほしい!」

 

お子さんに対してこう思ってる親御さんにとって、これら3つの成分はまさにお宝成分となりえます。

 

 

 

以下は、アスミールの実体験レビュー記事です。
アスミールについてもっと気になる方は、ぜひご参考にどうぞ^^

 

 

アスミールの効果|【体験レビュー】身長が○○cm伸びた!?